福山で災害が起こったら学校に逃げる!

広島・岡山で
住宅用建築資材のレンタル
建内レンタルの建内博行です。

 

前回のブログで
告知させていただきました

 

福山ビッグローズでの
災害についての講演

 

今度の日曜日、福山ビッグローズで講演をさせて頂きます!

 

たくさんの方にご来場いただき
そして私の講演を聴いてくださり
誠にありがとうございました!

 

 

今回お話をさせていただいた内容は

 

・福山で災害が起こったら、学校に逃げること

 市役所や東部・西部・北部市民センターは行政機関のため
 災害被害に対しての指揮を執るところであるため。

 

・市販の防災グッズ、ラジオ、懐中電灯、水はあまり必要ない

 今までの災害では2日以内に食料は避難所に届いた。
 2日食べなくても死なない。
 それよりも避難道具を軽く、早く動けるようにしたほうがいい。

 

・防災グッズで必要なもの

 タオル、軍手、ビニール手袋
 サランラップ、携帯充電器、ゴミ袋
 焼酎のワンカップ(飲んだ後にコップになる)
 スニーカー

 

など

 

私が被災地に行ってボランティアをした際に
学んだことなどをお話ししました。

 

 

という感じで
ビッグローズでの講演
緊張しました。

 

人前でお話しする機会は
直近ではないのですが、

 

障害者雇用
性格診断

 

についての講演は
すぐできる準備はあります。

 

ご興味のある方は
一度ご相談くださいませ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
建内博行

建内博行

仮設トイレ、敷鉄板など住宅用建築資材のレンタルをする建内建材店の3代目。広島県中小企業同友会福山支部バリアフリー委員会の委員長を務め、地元福山市の障がい者雇用に取り組んでいる。ジョギング、カープ、外食、バーベキューをこよなく愛している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です